• Facebook
  • Twitter

成人用肺炎球菌ワクチンチェックシート

元気なときこそ、「未来の健康」を考えてみませんか?

監修慶應義塾大学 医学部 
感染制御センター教授 長谷川 直樹 先生

「健康寿命」を少しでものばすための対策として、予防接種という選択肢があります。
65歳以上のおとなの方を対象にした肺炎球菌ワクチンも、そのひとつです。
ご自身だけでなく、65歳以上のご家族がいらっしゃる方も、下記項目を確認してみてください。

1分でチェック!

下記該当するものにチェックを入れてください。(複数可)

健康寿命をのばすために予防接種という選択肢があります

肺炎のいちばんの原因は、肺炎球菌です。肺炎球菌による感染症を防ぐための肺炎球菌ワクチンには、定期接種、任意接種がありそれぞれ接種の方法や、接種制度が異なります。詳しくはチェックシートの結果をお持ちいただき、医療機関にご相談ください。

基礎疾患があると肺炎にかかるリスクは上昇します

65歳以上の方は肺炎のリスクが高まりますが、以下のような持病をお持ちの方は注意が必要です。
【脳梗塞(無症候性脳梗塞)、慢性肺疾患(COPDなど)、糖尿病、気管支喘息、慢性心疾患】
詳細はこちらをご覧ください。

成人用肺炎球菌ワクチンの接種対象年齢について

定期接種の対象年齢
平成26(2014)年の10月より肺炎球菌ワクチンが定期接種(B類)になりました。65歳の方が対象となりますが、平成30(2018)年度までの経過措置として、70歳、75歳、80歳など以下の表の「定期接種」の欄に示す年齢の方も定期接種の対象となります。各年度に各年齢になる方が対象です。
接種区分 対象年齢
定期接種
(B類)
65 70 75 80 85 90 95 100

平成30(2018)年度までの経過措置の対象年齢

任意接種の対象年齢
65歳以上で定期接種の対象年齢ではない方も、任意接種をうけることができます。
接種区分 対象年齢
定期接種
(B類)
65 70 75 80 85 90 95 100
任意接種 66 71 76 81 86 91 96 101
以上
67 72 77 82 87 92 97
68 73 78 83 88 93 98
69 74 79 84 89 94 99

平成30(2018)年度までの経過措置の対象年齢

※60歳から65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能障害のため日常生活が極度に制限される方やヒト免疫不全ウイルス感染症により日常生活がほとんど不可能な方も定期接種の対象となります。

ページトップへ