トップページへ
文字サイズ
小中大

65歳以上になると増える市中肺炎による入院

肺炎は、発症する環境によって、3つに分類することができます。まず、病院や介護施設・療養施設の外で日常生活を送っている方に発症する「市中肺炎」、介護施設や療養施設内での発症となる「医療・介護関連肺炎」、そして病院内での発症となる「院内肺炎」です。

● 肺炎の種類

市中肺炎
病院や介護施設・療養施設外で日常生活をしている方に発症
医療・介護関連肺炎
介護施設や療養施設などでの発症
院内肺炎
病院内での発症

監修国立大学法人長崎大学 理事・副学長 河野 茂 先生

また、元気なようでいても、65歳を過ぎると「市中肺炎」による入院例が多くなることが、調査でわかっています。

グラフ:入院受療率(人口10万人対)
対象:2008年9月~2010年9月の間、イギリスの2か所の大規模な大学病院に入院した市中肺炎患者920例
方法:2年間のプロスペクティブな観察的コホート研究における肺炎球菌による入院者数から算出。
Bewick,T.et al.:Thorax 67(6):540,2012より引用して作図

監修慶應義塾大学医学部 感染症学教室 教授 岩田 敏 先生

65歳以上の方に発症した市中肺炎の原因菌の中で、最も多いのは、「肺炎球菌」で約30%を占めます。

● 65歳以上の市中肺炎で入院した患者における原因微生物

グラフ:65歳以上の市中肺炎で入院した患者における原因微生物グラフ:65歳以上の市中肺炎で入院した患者における原因微生物
  • 肺炎球菌30.3%
  • インフルエンザ菌7.5%
  • クラミジア・ニューモニエ6.1%
  • クレブシエラ・ニューモニエ3.1%
  • 緑膿菌2.9%
  • ストレプトコッカス・ミレリ2.6%
  • 嫌気性菌2.0%
  • モラクセラ・カタラーリス1.8%
  • 結核菌1.5%
  • 黄色ブドウ球菌1.3%
  • 大腸菌1.3%
  • マイコプラズマ・ニューモニエ1.3%
  • ウイルス0.9%
  • その他のレンサ球菌0.7%
  • その他のグラム陰性桿菌0.6%
  • レジオネラ属0.6%
  • クラミジア・シッタシ0.4%
  • 不明37.9%
対象:倉敷中央病院において、1994年~2001年の間に入院した65歳以上の市中肺炎患者544 例
方法:細菌学的試験により原因微生物を特定した。
石田 直:Infection Control 14(7):645,2005より作図

監修国立大学法人長崎大学 理事・副学長 河野 茂 先生

  • 成人用肺炎球菌ワクチンチェックシート
  • すぐにわかる!肺炎球菌感染症Q&A